おうちで簡単手作り!自作塩麴のその後は?

こちらの記事で仕込んだ塩麴の行く末です。

前回の経験から作成期間は10日くらいかなと予想

前回塩麹を作成したのは3月でした。室温は14~17度くらいの日が多かったように思います。
こうじさんも寒かったのでしょうね、活動を控えていたようで出来上がりまでに約二週間かかりました

 

3日目 のびつまのテンションがうなぎのぼり

今回作成した塩麴の、仕込んで3日目の写真がこちら。

 

おや?もう米の形が崩れてきているような?
前回の完成時と大差ないビジュアルになっています。
質感はどんな感じかな?ちょっと確かめてみようかな。

 

お!?

 

おー!いい粘り具合!
早く結果が出ることが必ずしもいいこととは言えないけど、変化がしっかり目に見えるとテンションあがりますね。
あと何日で完成するかな?

 

5日目 完全な完成形だ!

さてさて、5日目のお姿がこちら!

うん、もう完成だこれ

 

3日目と比べて、米の形がさらになくなっているのがわかります。

ということで、今回の塩麴は5日で完成しました!はや!

 

結果は気温に大きく左右される

予想を大きく覆し、今回は5日で完成しました!
こうじさんが精力的に活動したのですね。室温ですが、大体17~20度くらいでした。
ちなみにこのまま放置しておくと発酵しすぎになってしまうようなので、完成したら冷蔵庫へ入れて保管するのをお忘れなく。

玄米を浸ける時に使用するということでご紹介しましたが、鶏むね肉をつけ置きしておくのもオススメ!
麹の酵素でお肉が柔らかくなりますし、味付けも考えなくてOK。
切る、浸ける、焼く。これだけなのに、一気にごちそうです。
また塩麴を使用した料理を作ったら、そちらもご紹介したいと思います。