【失敗】豆乳ヨーグルトでチーズケーキ

こちらの記事で紹介している通り、ノビ家は色々フリーの生活を心がけています。

関連記事

shinyaとのびつまが暮らすノビ家では、ゆるく色々フリーの生活を日々心がけています。   ゆるく色々フリーってなに? 主に、グルテン・カゼイン・シュガーの3つを控える生活をしています。 […]

その中の一つにカゼインフリーというものがあります。
簡単に言うと乳製品の摂取を控えるということ。
牛乳は牛のこども用であり、人間が接種すると腸で吸収するのに負担がかかるようなのです。

チーズケーキはおいしい。しかしカゼイン祭りである。

チーズケーキっておいしいですよね♪
食の好みはバラバラのノビ家の親族も、チーズケーキはみんな好き。
なので集まりの際などは焼いて持って行くことも多いです。
クリームチーズ・米粉・砂糖・バター・レモンエキスだけで作る簡単なケーキですが、大人気。
ただ、チーズにバターというところが

「カゼイン祭りやん」

と、ちょっと気になっていたのです。
そんな時にレシピサイトで見かけた、豆乳ヨーグルトで作るチーズケーキのレシピ。
見るとチーズもバターも使っていません。こりゃすげーや!
理想のレシピだったので、早速作ることにしました。

 

豆乳ヨーグルトチーズケーキの作り方

 

用意するものは豆乳ヨーグルト・卵・砂糖・米粉・レモン汁。少ない材料なのが嬉しい

材料(パウンド型一つ分)
☆豆乳ヨーグルト 400g
2個
てんさい糖 大さじ3
米粉 大さじ3
レモン汁 大さじ1

 

下準備として、☆を水切りします。キッチンペーパーで包んで塩一つまみをふりかけ、重しをして2時間ほど放置。

 

①オーブンを170度に余熱開始。卵2個をボウルに割り入れます。

つややかー!つつきまわしたくなりますね!

 

 

白身と黄身が混ざるまで混ぜます。

かき混ぜながら写真を撮っているので、どっちの手もつりそうです!撮影方法、考えないと…

 

 

卵がいい感じになったら、水切りしたヨーグルト・砂糖・レモン汁を投入!

 

 

混ぜます。

混ぜている時のこの波紋を見ると、テンションがあがりませんか!?なめらかな金色の波がきれい。

 

全体が混ざったら、ここで米粉を投入します。

 

 

三度、混ぜます!

料理してる感がすごくあって悦に入れる写真です!相変わらず両手がつりそうだけど!

 

なめらかになったら型に流し込みます。うちはシリコン型なので、とくに何か塗ったり敷いたりはしません。

この流れ込むさま、もはや芸術。

 

型を少し高いところからトントン落として、空気を抜いたらオーブンへ!30分焼きます。

 

完成!味見をしたけど…

わぁおいしそう!ちょっと味見を…
薄く切って一口。

 

甘さはどこ?

 

甘さ控えめのレシピとは書いてあったのですが、甘味がはるかかなたでぼんやりと存在しているかも…というレベルで甘くなかったのです。
豆乳ヨーグルトが無糖だったからかなぁ。

 

これではちょっと味気ないので、急いでブルーベリーのソースを作ってかけました。

これで甘みは足せましたが、できればチーズケーキ単体でもおいしく食べられるようにしたい。

 

改善点、もう少し砂糖を入れてみよう。

結局ブルーベリーソースで砂糖を使うのなら、ケーキ自体に甘味を足しても同じこと。
次はもう少し砂糖を増やして再チャレンジしたいと思います!