こちらの記事で紹介している通り、ノビ家は色々フリーの生活を心がけています。

関連記事

shinyaとのびつまが暮らすノビ家では、ゆるく色々フリーの生活を日々心がけています。   ゆるく色々フリーってなに? 主に、グルテン・カゼイン・シュガーの3つを控える生活をしています。 […]

初めてのキスに戸惑う。

いつからか、Shinyaがお世話になっている木工所メンバーの間で釣りが流行りはじめました。
毎日、終業後には示し合せてフィッシング。なんなら休日もいつの間にか集合してフィッシング。サークルという表現では生温い、ガチな部活動のようになっています。活動内容が釣りなので、釣れた魚を意気揚々と持ち帰ってくる日もあります。
戦利品を嬉々として見せびらかす猫のようなShinyaを横目に、のびつまはそわそわ。

 

魚 の 調 理 は 誰 が す る ん だ い ?

 

これは私、のびつまが初めてキスを捌いた日のお話です。魚の画像が出ますので、苦手な方はご注意くださいね。

 

キス OF LIFE

釣ってきちゃったものはちゃんといただかないと。魚を捌いたことはないけど、やってやれないことはない!はず!
こうなったら、おいしく調理してやんよ!!!
よくわからないテンションになったのをいいことに、作業開始です。

 

 

キスです。はじめてまじまじと見ました。よく見ると結構整った顔つきの様な気がしてきますよね!え、しない?

 

 

うろこをとります。包丁の背でしっぽから顔の方へ向かって逆なでします。文字通り、初めてのキス。脳内BGMがキスソングに染まってゆきます。

 

 

うろこ、結構取れますね。もくもくと作業を続けます。

…そういえば学生時代にクラスの子たちとカラオケに行ったとき、普段おとなしいOくん(同じクラスのMちゃんに片想い中)がノリノリで平井堅のKISS OF LIFEを歌ったことがあったなぁ。
「Mちゃんと何かあったのか!?」
「口づけから始めちゃったのか!?」
って一同騒然としたなぁ。

(のびつまには妄想癖があり、大体何かを回想していることが多いです)

 

 

えらのところから斜めに包丁を入れます。これを両側にほどこして、頭を落とします

every day, every night, wanna kiss, want your lips♩
10代全開みたいな歌詞だね!

 

 

開いて、骨、内臓、エラをとってしまいます。ここはなかなかな絵面なので写真は自主規制。
大騒ぎで処理をしました。
人生変えるキス…!!字面は同じですが、色気が全くない私のキス OF LIFE。

 

 

内臓との格闘でしばしば騒ぎながらも、どうにか開けましたー!

 

 

 

塩・こしょうをふりかけます

 

 

今回、米粉で衣をつくっていきます。まず米粉にざっくり水を入れます。適当!

 

 

一匹一匹丁寧に…とは真逆の、全員ぶっこんで一気に絡めるスタイル!めっちゃ適当!(笑)

 

 

 

パン粉の代わりをどうしたものか…と悩み、粗めのおからパウダーをふりかけてみました。

 

 

 

のびつまは揚げ物が苦手なので、揚げ焼きにすることが多いです。今回も米油で揚げ焼きにします。

 

 

ひっくり返した姿。フライっぽい!とってもフライっぽい!!

 

 

両面が良い色になったら、油を切って完成です〇

おいしそうー!!

 

あれ?この食感、何かに似ている

さて、Shinyaに食べてもらいましょう。

 

Shinya
いただきます!
のびつま
はーい!(さて、my first キスはどうかな?)
Shinya
ザクッ…………
のびつま
……(なんか結構な音がしたような
Shinya
……………
のびつま
………(はじまらなかったのか、Shinyaのキス OF LIFE)
Shinya
なんか、懐かしい食感。なんだろうこれ…
のびつま
え、なんだろう…
Shinya
………あ、駄菓子だ。駄菓子に似てる!
でも、ザクザクしてておいしい!
よかったーーー!!!

小麦製品ナシでもいける!

衣作りの適当さ+心配性で揚げすぎる=駄菓子
という結果を生み出しましたが、ザクザク食感でおいしかったので結果OKでした〇

小麦製品をつかわなくても、フライはできる!

衣に卵を使うとまた食感が変わりそう!
どうせevery day,every night…の勢いで釣り部の活動はありそうなので、
次回は卵入り衣を試してみようと思います。

(※ちなみに、Oくんは10年越えの片想いの後、Mちゃんと結婚します。いつかあの日のKISS OF LIFEの謎を確かめてみたい)